• 11,000円以上ご購入で全国送料無料
Kirk Barley // Marionette LP

Kirk Barley // Marionette LP

  • Availability:

イギリス・ヨークシャーのマルチ奏者Kirk Barleyが、2023年11月に同国アンビエントレーベルOdda Recordsから500部限定でリリースしたレコードです。

アナログとデジタルが良い塩梅で交わるポストニューエイジ・アンビエントフォーク〜4thワールドジャズ〜ストレンジビーツ8曲を収録。インサート付属。

※デジタル音源をご希望の場合はお気軽にご連絡をお願いいたします

以下、レーベルによる解説です。

"フィールドレコーディング、ファウンドサウンド、インストゥルメンタル・インプロヴィゼーション、シンセティックプロセスなど、Kirk Barleyのコンポジションは、シンプルなアイデアやモチーフがレイヤーされ、複雑なセットピースへと発展し、時間の経過とともにその姿を現す、展開する音の世界を呼び起こす。

『Marionette』は、このヨークシャー生まれのアーティストのサウンドの幅の広さと多様性を示すもので、アルバムのジャケットにプリントされたゲート・ガーデンが示唆するように、イギリスの田園風景とヴィクトリア朝建築の親しみやすくも不気味なムードを織り交ぜている。ビニールのひび割れや穏やかな雨といった物理的なテクスチャーと、彼の音楽が生息する超現実的な空間の間で展開するKirk Barleyは、作曲を「風景画や静的な情景画」と表現し、アルバムのトラックの多くは自然のリズムを作曲の手がかりとしている。

『Seafarer』では、荒波を進むボートのシンセのうねりが繰り返され、タイトルトラックの『Marionette』では、たき火のそばで影が揺らめく不気味な情景が想像される。同様に、『Lake of Gold』では、異なる音階と速度で撥弦楽器を重ね、Kirk Barleyが「雨のような質感」と呼ぶリズムを作り出している。"

 

----------------------------------

Ask us for digital files.

12" black vinyl with risograph print by artist Oliver Pitt. Edition of 500. 

Tracklist:

1. Nectar 03:50
2. Courtyard 03:12
3. Seafarer 04:24
4. Marionette 05:11
5. Lake Of Gold 04:41 
6. The Night 03:31
7. Kites 05:35
8. Gate 05:01

Text by Odda Records:

"Whether drawing from field recordings, found sound, instrumental improvisations or synthetic processes, Barley’s compositions evoke unfolding sound worlds, as simple ideas or motifs are layered and developed into complex set-pieces that reveal themselves over time.

Marionette showcases the breadth and variety of the Yorkshire-born artist’s sound, weaving together familiar and uncanny moods of rural England and its Victorian architecture, as suggested by the gated garden print of the album’s cover. Unfurling between physical textures – the patina of vinyl crackle or gentle rain – and the hyper-real spaces that his music inhabits, Barley describes the compositions as “landscape or static scene paintings,” with many of the album’s tracks taking nature’s rhythms as their compositional cue.

On ‘Seafarer’, this manifests in the repeated synth swells of a boat on rough waters, while title track ‘Marionette’ imagines an eerie scene, were shadows flicker by an open fire. Similarly, ‘Lake of Gold’ layers plucked strings at different scales and velocities to create what Barley calls the “rain-like quality” of the rhythm." 

Artist : Kirk Barley

Label : Odda Records

+ -

イギリス・ヨークシャーのマルチ奏者Kirk Barleyが、2023年11月に同国アンビエントレーベルOdda Recordsから500部限定でリリースしたレコードです。

アナログとデジタルが良い塩梅で交わるポストニューエイジ・アンビエントフォーク〜4thワールドジャズ〜ストレンジビーツ8曲を収録。インサート付属。

※デジタル音源をご希望の場合はお気軽にご連絡をお願いいたします

以下、レーベルによる解説です。

"フィールドレコーディング、ファウンドサウンド、インストゥルメンタル・インプロヴィゼーション、シンセティックプロセスなど、Kirk Barleyのコンポジションは、シンプルなアイデアやモチーフがレイヤーされ、複雑なセットピースへと発展し、時間の経過とともにその姿を現す、展開する音の世界を呼び起こす。

『Marionette』は、このヨークシャー生まれのアーティストのサウンドの幅の広さと多様性を示すもので、アルバムのジャケットにプリントされたゲート・ガーデンが示唆するように、イギリスの田園風景とヴィクトリア朝建築の親しみやすくも不気味なムードを織り交ぜている。ビニールのひび割れや穏やかな雨といった物理的なテクスチャーと、彼の音楽が生息する超現実的な空間の間で展開するKirk Barleyは、作曲を「風景画や静的な情景画」と表現し、アルバムのトラックの多くは自然のリズムを作曲の手がかりとしている。

『Seafarer』では、荒波を進むボートのシンセのうねりが繰り返され、タイトルトラックの『Marionette』では、たき火のそばで影が揺らめく不気味な情景が想像される。同様に、『Lake of Gold』では、異なる音階と速度で撥弦楽器を重ね、Kirk Barleyが「雨のような質感」と呼ぶリズムを作り出している。"

 

----------------------------------

Ask us for digital files.

12" black vinyl with risograph print by artist Oliver Pitt. Edition of 500. 

Tracklist:

1. Nectar 03:50
2. Courtyard 03:12
3. Seafarer 04:24
4. Marionette 05:11
5. Lake Of Gold 04:41 
6. The Night 03:31
7. Kites 05:35
8. Gate 05:01

Text by Odda Records:

"Whether drawing from field recordings, found sound, instrumental improvisations or synthetic processes, Barley’s compositions evoke unfolding sound worlds, as simple ideas or motifs are layered and developed into complex set-pieces that reveal themselves over time.

Marionette showcases the breadth and variety of the Yorkshire-born artist’s sound, weaving together familiar and uncanny moods of rural England and its Victorian architecture, as suggested by the gated garden print of the album’s cover. Unfurling between physical textures – the patina of vinyl crackle or gentle rain – and the hyper-real spaces that his music inhabits, Barley describes the compositions as “landscape or static scene paintings,” with many of the album’s tracks taking nature’s rhythms as their compositional cue.

On ‘Seafarer’, this manifests in the repeated synth swells of a boat on rough waters, while title track ‘Marionette’ imagines an eerie scene, were shadows flicker by an open fire. Similarly, ‘Lake of Gold’ layers plucked strings at different scales and velocities to create what Barley calls the “rain-like quality” of the rhythm." 

Artist : Kirk Barley

Label : Odda Records